2018年 04月 15日 ( 2 ) > Z_ ̄∂
ダイソーのアイロンビーズでドットマリオを作成する > Z_ ̄∂
どーもボキです。

ダイソーでカラフルなアイロンビーズを見つけ、これだ!と思って作ったもの。

立体に作ったらどうだろう?などと構想を膨らませていたが、
そもそもなかなかくっつかず苦労した。立体に仕上げるなんてもってのほか。

マリオも裏面(本当は表にしたかった面)のみをアイロン掛けしておしまい。

どうやらダイソーのアイロンビーズは高さがバラバラになっているので、
アイロンがけが難しいみたいだ。
a0021757_09503192.jpg


[PR]
by yozda | 2018-04-15 09:50 | 物・モノ・もの | Trackback | Comments(0)
[VBScript] ワイルドカードを指定したファイル名サーチ > Z_ ̄∂
どーもボキです。

ニュースで英会話のバックアップでは、記事ごとに再生ボタンの表示高さ(Y座標)が異なり、
クリック位置の記録&調整に苦労した。

mp3を上書き更新とすることで、サイズ≠0で録音の成功を判断させた。

このときファイル名が「yymmdd_記事タイトル」となるため「記事タイトル」を固定できない。

FileExistsや、GetFileは、ファイル名をそのものを指定しければならず、記事タイトルを把握しないかぎり利用できない。

そのため、ワイルドカードを指定できるCopyFileやMoveFileを応用したファイル名取得関数「SearchFile」を作成した。
重複しない名前のフォルダへMoveし、そのMove先のファイル名を取得するようにしている。なお、戻り値は最後に見つかったファイル名としている。

' 指定したファイル名が存在するか調べる(ワイルドカードOK)
' 戻り値:見つかったファイル名
Function SearchFile(DirectoryPath, FileName)
Dim objFS,f,r,dpth

r = ""
Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
On Error Resume Next
dpth = DirectoryPath & Year(Now) & Month(Now) & Day(Now) & Hour(Now) & Minute(Now) & Second(Now)
objFS.CreateFolder(dpth) ' 重複しないフォルダを作成
objFS.MoveFile DirectoryPath & FileName, dpth &"\"
For Each f In objFS.GetFolder(dpth).Files
r = f.Name
Next
objFS.MoveFile dpth &"
\"& FileName, DirectoryPath
objFS.DeleteFolder dpth
On Error GoTo 0

SearchFile = r
End Function

[PR]
by yozda | 2018-04-15 09:30 | プログラミング | Trackback | Comments(0)