タグ:レビュー ( 98 ) タグの人気記事
[FC] コナミワイワイワールド
こんにチワワ。どーもボキです。

a0021757_1658502.png

ボキが小学5年のころ、これまた夢中になったゲームだ。この頃のコナミは勢いがあったわ。

このゲームの目的は、大魔王ワルダーというギャグのような名前の敵に捕らわれた6人のコナミヒーローを助け、
皆でその大魔王ワルダーを倒すことである。

主要ステージは、グーニーズ、がんばれゴエモン、月風魔伝、悪魔城ドラキュラ、キングコング、そしてモアイ、
と6つで構成される。
a0021757_16584927.gif


ステージにある「モアイ」とは、イースター島のモアイをモチーフにした、グラディウスの敵キャラである。
このゲームでは、モアイもプレイヤーキャラのひとりで扱える。
この後「モアイくん」なるモアイを主人公にしたッパズルゲームも発売されたが、ボキの食指は動かなかった。

このゲームは、ワイワイと賑やかなイメージのタイトルとなっているが、出てくる敵キャラはすべてシリアスだ。
ひとつとしてふざけているものがない。
a0021757_18132448.gif
キングコングステージのボス

a0021757_16584776.gif
悪魔城ドラキュラステージのボス
a0021757_18132225.gif
月風魔伝ステージのボス


そしてアクションステージだけでなく、シューティングステージも用意されている。
a0021757_18132348.gif
ツインビーとビックバイパー(グラディウスの主人公機)。リアルに描かれていて興奮ですね。
a0021757_182018100.png
前半はツインビーステージ
a0021757_18132326.jpg
後半はグラディウス(沙羅曼蛇?)ステージ
a0021757_16584820.jpg
シューティングステージのボス
a0021757_18245671.png
最終ボスステージ。小学生にはキモかった。
a0021757_16584752.gif
こいつが「大魔王ワルダー」、どうもてもエイリアンです。シモンのクロス攻撃がよく効きます。


この各ステージでは、そのステージテーマとなった各ゲームの主要BGMが流れる。若干アレンジも加えてあり、興奮したね。
エンディング後はサントラモードが使える。悪魔城ドラキュラのBGMが格好良い。(3:25~)


このゲームでも、ボキは裏技をひとつ見つけている。
ウルトラテクニック、略してウルテクだ。ウソテクではない。

このウルテクには、2プレイが必要だ。
それぞれが画面両端に立ち、他方が階段に乗る。反対側のプレイヤが動かなければ画面がスクロールしないので階段に登れない。
この状態でちょっとだけ画面をスクロールさせ、階段に登る。降りるときも同様。
するとどうでしょう。少しずつ階段からズレてくる。これを繰り返すと完全に階段から外れる。

ゴエモンステージのパワーアップカプセルが取れるかな?と思っていたが、取れない。
何の役にも立たないウルテク。そんな思い出。


[PR]
by yozda | 2016-05-01 17:16 | ゲーム | Trackback | Comments(0)
[FC] がんばれゴエモン外伝 ~きえた黄金キセル~
こんにチワワ。どーもボキです。

a0021757_17252086.png
ボキが中学1年生の頃、夢中になってプレイしたゲームだ。

がんばれゴエモンはアクションゲームだったが、1990年頃は、ドラクエやFFなどのRPG最盛期であり、
この外伝シリーズはRPGとして発売されている。

コミカルなキャラと和風の世界観やカラクリを模した敵キャラなど、その世界観が好きだった。
a0021757_17252271.png



その後、外伝2も発売されたがこちらは未プレイ。確か、外伝2はがんゴエ独特の雰囲気から離れだしたと思う。
スーファミで発売された「がんばれゴエモン ~ゆき姫救出絵巻~」にもがっかりさせられて、これ以後ゴエモンシリーズは買っていない。

そういいえば外伝2は、ファミマガで必殺技などを募集していた。
「エビス丸ボンバー(エビス丸が画面中央に浮かび上がり爆発する技(テク)」を考案したが、採用されなかった。
a0021757_17252157.jpg


この頃のゲームは、その容量を売り文句にしていた。当時としては大容量だった4Mだったはず。
単位は、bit?Byte?どっちだ?少しでも多く見せるために4Mbか?(Byteなら1/8)

この頃のボキは、大容量=オモシロい、の数式が無条件で成立していた。
その数式は成立しないと証明してくれたのも、このゲームの開発元である「コナミ」の「コナミワイワイワールド2」である。


戦闘シーンではキャラのアニメ(2コマ)を採用しており、4Mの大容量はここら辺に使ったんだろう。
ダメージを与える(受ける)度に敵キャラがアニメする。当時でさえ、もっと戦闘はサクサクできなかったのか?と思ったほどだ。

戦闘シーンに出てくる敵も、平均的なRPGに比べ多かったと思う。全体ダメージ術などを使おうおものなら、
敵キャラ一体いったいに術効果アニメ&ソレを受けてのダメージアニメが流れ、ダラダラとした戦闘となっていた。

マップは日本列島だった。日本の名所を再現していたかは忘れた。たしか、一部中国のほうにも行けたハズ。
北海道付近が終盤だ。ここらへんで大きいカラクリ人形が出てくる。
その巨大なカラクリ人形を倒し、その爆発から逃れる際に、エビス丸とラスボスが入れ替わっていたというストーリだった。
a0021757_17491759.png
ラスボス



ボキは裏技をひとつ見つけている。
ウルトラテクニック、略してウルテクだ。ウソテクではない。

ジョイスティックの連射をA・BボタンともにONにして、ABボタンを押しっぱなしで壁に向かって歩くと、
なんと、壁をすり抜けることがあるのだ!!
a0021757_17252233.jpg
AB連射のまま壁に向かうとすり抜けることがある!



家の中でこの技を使うと、壁の向こうにダンジョンが現れる。階段も現れるがすり抜けるだけで使えない。
極マレに使える階段や出口があり、それに入ると通常のストーリー進行では進めない場所に出ることがある。

周囲の敵が強すぎて詰むのでまったく使えないウルテク。そんな思い出。


[PR]
by yozda | 2016-04-30 17:45 | ゲーム | Trackback | Comments(0)
[3DS] ゼルダの伝説 ムジュラの仮面
こんにチワワ。どーもボキです。

スコア:★★★★★

静止画で比べてみると、グラフィックの進化が良く分かるね。
a0021757_17381218.jpg
a0021757_1762127.jpg
64版ムジュラが500円で売ってたので、買ってみた。思い出したかのようにレビュー。

64版をプレイ済みだったが、ほぼ覚えてなく、まっさらな気持ちでプレイできた。
「ぬけがらエレジー(上図のようなぬけがらができる歌)」のような強烈インパクトがあるものすら忘れていた。

主要ダンジョンは4つと少ないものの、どれも歯ごたえがあるため、数の少なさは気にならない。

64版も今見ると、かなりインパクトがあるね。勝手に改造の「ちたん」にも見えなくもない。
a0021757_1564393.gif
a0021757_1554222.jpg
a0021757_1554128.jpg
a0021757_1554096.jpg
a0021757_1554141.jpg


3DSでムジュラですね
[PR]
by yozda | 2016-04-23 15:01 | ゲーム | Trackback | Comments(0)
[英語学習] 速読速聴・英単語 TOEIC(R) TEST STANDART 1800
おはヨーグルト。どーもボキです。

2年前に購入し、時間を見つけてはちょこちょこ勉強してた本。
やっと一巡目が終わった。

意味が分からない単語をフリクションペンで記入しつつ、聴き取れるまで一フレーズリピート。
途中、心に余裕が持てない時期(仕事のため)もあり、2年間もかかってしまった。

二順目は音読だね。TOEIC対策にはこのシリーズが良いと思う。
6月のテストで、効果を検証する予定。
a0021757_9542399.jpg

[英語学習] 速読速聴・英単語 Core1900
フリクションペンの4色タイプ
[PR]
by yozda | 2016-04-10 09:48 | 暮らし | Trackback | Comments(0)
くさやを買ってみた
おはヨーグルト。どーもボキです。

2/29でヤマダ電機のポイントが切れるので、ネットで「くさや」を買ってみた。
どのくらいくさいのかな?ちょっと楽しみ。

嫁からは、家では食べるな、といわれてる。
シュールストレミングにも興味があるんだが、家で食べるのは無理だろうなぁ。
a0021757_23262082.jpg

a0021757_21060186.jpg
届いた。隙間から便所みたいな臭いがしてる。こいつは勇気が要るね。
a0021757_23400063.jpg

16.03.13
食べてみたよ。
ウン!コのニオイ、たまらない!
ウン!コの味、たまらない!

食べられなくはないが、うん、このニオイと後味、旨いとはまったく思わないね。
うまみ <<<<<<<< くさみ


酒を飲む人なら、この後味で酒が進むかもね。臭いからね。

食べた後は口全体に臭い玉が充満するよ。

[PR]
by yozda | 2016-03-04 23:19 | 物・モノ・もの | Trackback | Comments(0)
nokia N82が使えなくなったので、ZTE 301Zに機種変した。
こんばんワイン。どーもボキです。

電波強度規制強化か何かで、nokia N82がSIMカードを認識しなくなった。
その前に使っていたnokia 702nk2も同様に利用不可。
ちなみに705nkやX02NKなど一部使える機種もあるようだ。残念だが、ボキのnokia携帯は全滅。

仕方がないので他のガラケーを探していたら、ストレート携帯で良いのを見つけた。
301Z。ZTEという中国に本社があるメーカー。

N82比較でよいところ
●薄い (301Z=13mm : N82=17mm)
●ボタンを押しやすい。
●マイクロUSB端子で充電できる (100均のものでOK、N82は専用コネクタ)
●操作状態に関わらず自動ロックが作動する (N82の自動ロックは待ち受け状態のみ動作)

N82比較で悪いところ
▲レスポンスがクソすぎる。 ('07年製のN82比較でも、'14製の301Zはモッサリ。操作すら苦行)
▲アドレス帳移行が(簡単には)出来そうもない。(iPhone → vcfインポートだと、表示文字がバグる)

ストレート&シンプル携帯を探していたので気に入ってはいる。
楽天にて、中古で3980円。送料込み
a0021757_19131253.jpg


[PR]
by yozda | 2015-12-09 08:26 | 物・モノ・もの | Trackback(1) | Comments(0)
[邦画] イニシエーション・ラブ
おはヨーグルト。どーもボキです。

スコア:★★★★
a0021757_1029425.jpg
「最後の5分全てが覆る。あなたは必ず2回観る。」
このキャッチコピーが気になり、公開初日の昨日、観てきた。

これだけの前フリされたこともあり当然注意してみていたのだが、
最後の仕掛けが明らかになったときには「えぇっ!?」となってしまった。

けど、2回は観ない。
決して、ツマラないという理由でなく、丁寧に種明かしされるから。

原作小説の紹介文には、「最後から二行目」と書かれているので、
二度読みで「そういうことだったのかぁ」と思わせる仕掛けだったんだろう。

映画を観た後にネタバレサイトを観て、再度「あそことココはこう繋がるのか」と納得。
映画館での二度見はないものの見終わった後も楽しめる映画だった。

前田敦子を始めとして、俳優陣も適役だったね。


[PR]
by yozda | 2015-05-24 10:55 | 映画・TV・本 | Trackback | Comments(0)
[3DS] ブレイブリーデフォルト
こんばんワイン。どーもボキです。

2年前の発売直後に購入し、ストーリー展開の唐突さ、ボスバトルでの理不尽さに投げっぱなしにしていたゲーム。
きっかけは何だったか忘れたが、ちょっと前からプレイし始め、こないだやっとクリアした。プレイ時間、63h。

今はたっぷり遊べる無料版という、ただで4章まで遊べるものが配信されている。しかし、このゲームの醍醐味は4章目から。
なお、無料版も製品版(ダウンロード版)を購入すれば、5章目へのセーブデータを引き継げるみたい。

序盤は、雑魚戦にすら苦闘することもしばしばだが、有効なアビリティがそろい出す4章目くらいから、
戦闘を楽しめるようになる。さらに終盤になるとジョブ成長させやすくなり、様々なジョブ・アビリティを試す余裕も出てくる。
レベル上げなどを意識せずにプレイしたが、真終章を終わらせたときには、全員レベル99になっていた。

ストーリに関しても、序盤は意味不明な主張を繰りかえすキャラにウンザリしていたが、
4章目終盤から急展開し、グイグイ引き込まれ、先が気になって仕方がないまではまってしまった。

音楽に関してもすばらしい。マレに見る名曲ぞろいのゲームだと思う。ここでサントラが聴ける。
最初の街の音楽森の中の街の曲の後半の展開がすばらしいね。

冬には続編が予定されている(何も情報がないので遅れるだろうが)みたいなので、楽しみだ。以下は全クリ時のデータ。
a0021757_173735.jpg


書き忘れていたもの

[PR]
by yozda | 2014-11-16 17:38 | ゲーム | Trackback | Comments(0)
[洋画] ロボコップ 2014
おはヨーグルト。どーもボキです。今朝の大雨で電車が動きません。

27年前のロボコップのリメイク。原作映画はあまり好きでなかった。

美しい妻と可愛い息子に囲まれる主人公。
悪人に頭を撃ち抜かれる主人公。
脳死となる主人公。
頭部以外はロボットされる主人公。
記憶を無くし完全に機械警官として働く主人公。
死んでしまった主人公のことは忘れて楽しそうに買い物する妻と子。
動きが気持ち悪い二足歩行ロボット。

軽いトラウマだ。

しかし、本作はさらにひどかった。

健康体である主人公がロボットになるには、前作同様死ななければならない。
主人公は爆弾テロにあう。けどね、生きている。
ただ、状態はかなり悪い。片目の失明。全失聴。片手足の切断。下半身不随。

この状態からのロボット化。

残したのは、頭部と心肺、それと右手首。そして記憶と感情。ここ重要ね。
体幹部は丸々残っていたのに、だよ。心臓と肺、おまけ程度の右手首だけ。

あり得ないだろ。手術(改造)した博士は『受け入れろ』って言うけど、受け入れられるわけ無い。

生命体と機械を融合させる技術があるなら、もっと良い方法があったのでは?
大人になってもトラウマ映画だよ。

[PR]
by yozda | 2014-09-04 10:06 | 映画・TV・本 | Trackback | Comments(0)
[3DS] 逆転裁判5
おはヨーグルト。どーもボキです。

逆転裁判5

カプコン

スコア:

ポリゴンモデルが良く出来ている。イメージイラストを違和感なく再現できており、その動きもしなやか。
けど、それだけ。

ただ、つまらない。ハチャメチャなストーリー、バカすぎる登場人物たちには、もうね、おなかいっぱい。
ドン!ドン!(机たたく音)、えええええええええええ!(驚く台詞)の繰り返し、もうね、うんざり。

ラスボスも残念すぎ。あれだと何も感じないよね。何でもありだよね。

あと、GBA⇒DS⇒3DSと解像度が上がっているんだからさぁ。一画面に表示するテキストを増やしたら?
早送りできるようになったけど、それでもテンポ悪い。


[PR]
by yozda | 2014-08-17 12:13 | ゲーム | Trackback | Comments(0)