タグ:レビュー ( 98 ) タグの人気記事
[FC] がんばれゴエモン2
こんばんワイン。どーもボキです。

古き良きコナミの名作といえば、がんばれゴエモン2は外せない。
a0021757_063719.gif
このゲームからエビス丸というキャラクタ(青)が追加され、二人同時プレイに対応。
当事、画面スクロール型アクションゲームでの二人同時プレイは珍しかった。

二人同時プレイに対応させたことにより、
一人プレイ時には、操作キャラが画面前方に配置されてしまうため、
スクロールで急に見える敵キャラにぶつかりやすくなるという欠点もあった。

キャラがそこそこ高速で移動するからね。

a0021757_063946.jpg
日本の名所をめぐりつつ、悪い代官を成敗していく。

a0021757_063878.jpg
浮世絵をアレンジしたかのような背景。このゲームには縦スクロールステージもあった。
この画面のように山や城を上ったり、橋を渡ったり。

a0021757_063978.jpg
カラクリメカ(完全にロボット)をモチーフにしたラスボス。ボスはコミカルなものが多かった。
コナミ製品であるグラディウスをモチーフにしたカラクリメカもいたはず。(画像見つからず)

これ以後のゴエモンはSFC(スーパーファミコン)で発売された。
けど、これのような「和」の雰囲気がめっきり減って、単なるキャラ&ギャグゲーになっていった。残念……。

a0021757_064098.gif
a0021757_063777.gif



[PR]
by yozda | 2016-05-23 00:07 | ゲーム | Trackback | Comments(0)
[SFC] スーパーファミコンウォーズ
おはヨーグルト。どーもボキです。

a0021757_11344524.png
ボキが大学生の頃、Loppiでの書き換え専用ソフトとして発売された。
リリースが決まったとき、ボキは興奮した。待ちに待ったファミコンウォーズのリメイクだからだ。

しかしだね、がっかりしたんだよ。デフォルメすぎる絵柄に。
タイトルですら「ぷっしゅ すた~と!」とひらがな表記。

リアルとデフォルメの丁度良いバランスが良かったのに、完全にデフォルメ側に傾倒。
戦闘シーンも見下ろしスタイルに変更。遠めに見えていた背景が良い雰囲気だったのに、オモチャのようになってしまった。
a0021757_11445242.png
a0021757_20311517.png


「占領」は漢字表記なのに、インフォメーションにひらがな表記をつかうこのセンス。
a0021757_15105488.png

「状況」などは漢字なのに、「ぜんほきゅう」はひらがなというこのセンス。
a0021757_1511380.png


演出がボキ好みでないため、あまりにはまらず。結局、クリアせずに手放してしまった。

a0021757_11345698.png

a0021757_11351483.png


[FC] ファミコンウォーズ
[PR]
by yozda | 2016-05-22 11:34 | ゲーム | Trackback | Comments(0)
[FC] ファミコンウォーズ
こんにチワワ。どーもボキです。

a0021757_186434.png
これが発売された当時、正直興味がなかった。
友達の家でプレイしているところを見ても、面倒くさそうと思った。

なぜなら、「生産」や「攻撃」など、漢字で表記されていたからだ。
a0021757_1893589.jpg


その後、少し頭が成長してきたボキは、簡単なゲームに飽きてきた。
とくにキャラゲー(アニメなどのゲーム)のツマラナさには、ほとほとウンザリしていた。

ちなみに、ボキの中には未だ
 「キャラゲー = クソゲー
が成立している。

格言は、
 「キャラゲーに名作なし
だ。


歯ごたえがあり、長く遊べるゲーム、それを探していたときに見つけたのがこのファミコンウォーズだ。
だが、長く遊べる任天堂のゲーム、ということもあり中古でも高かった。

それを尾道駅裏のショーウィンドウで日焼けしているファミコンウォーズを見つけた。
日焼けしていることもあり1500円で買えた。

買ったのは小学校ではない、中学か高校だろう。世はスーファミ時代だったはず。
身体の成長だけでなく、頭の成長も遅かったみたいだ。


このゲームの中では、「オニギリジマ」に苦労した。
a0021757_18153113.png

オニギリジマは、互いの陣地が海で隔てられているため、
その攻略の肝は、いかに早い段階で相手の陣地に歩兵を送り込み領土を占領するかにある。

送り込みに手間取ると相手の収入も増えてしまい勝負が付かない。
このステージは、2度ほどやりなおしてクリアしたはず。

ココまで熱くなったファミコンウォーズであるが、実はボキは最終ステージをクリアしてない。
最後ステージを出したか、あと数ステージクリアすればラストステージというところで飽きた。

結局、兄にクリアしてもらい、エンディングを見たのよね。
a0021757_18244978.gif
エンディング GIFアニメ。


a0021757_18255486.gif
ユニット一覧。今でも色あせないリアルとデフォルメの丁度良いバランス。


a0021757_18383878.gif
この頃の任天堂はユーモアがあってよろしい。(タマタマジマとマガタマジマは原作のまま)



[PR]
by yozda | 2016-05-21 18:26 | ゲーム | Trackback(1) | Comments(2)
[FC] ファイアーエムブレム外伝
こんにチワワ。どーもボキです。

a0021757_13224015.gif
続編となるファイアーエムブレム外伝ではさらに滑らかなアニメを実現していた。
剣と魔法とドラゴンに加え、魔物(ゾンビなど)が登場、さらに中二心をくすぐってくれ(中学を卒業するくらいに発売されたが)コ・ウ・フ・ン!

戦闘シーンアニメ集
a0021757_16475123.gif
ラスボスのトドメには、盾を投げ捨てる専用アニメが入る。


外伝では、武器の使用回数が廃止されたり、マップが採用されたりと、かなりシステムが変更された。

アイテムなしでのクラスチェンジも可能となり、
 村人 → 傭兵 → 剣士 → 魔戦士 → 村人 ……。
と無限に成長させることも可能となっていた。

a0021757_1323837.gif
普通にプレイした場合は絶対に倒すことができないドゼー様。倒すと「あれは影武者だったのだ。ハッハッハッー!」となる。

最初に仲間になる、ロビン、グレイ、クリフを、洞窟でダンジョンでひたすらレベルを上げ、
一章の城にいる「ドゼー」を倒し、「竜の盾」を入手するという、軽いやりこみもした。

3人村人の成長率は、クリフ > ロビン > グレイの順に高い。

クリフは力の成長率がいまいちなので、最終的に魔法使い系にクラスに、同じくロビンも魔法使い系クラスにさせ、
クリフをドゼー付近にワープ、クリフで1ターン撃破。といった具合。

ちなみに、レベル上げ作業中に運よく「てんしのゆびわ(レベルアップ時にステータスが2ずつあがる)」を入手できた。

a0021757_13225730.png
主人公のアルム

a0021757_13225975.png
ヒロインのセリカ、髪が揺れたりとアニメーションが細やか。

a0021757_1323742.png
ドラゴンゾンビ。翼がたわむアニメが良いね。

a0021757_1323649.png
ゾンビ。経験値が稼げるマミーってのも居たね。

[FC] ファイアーエムブレム
[PR]
by yozda | 2016-05-15 13:08 | ゲーム | Trackback(1) | Comments(0)
[GB] ゲームボーイウォーズ
おはヨーグルト。どーもボキです。

a0021757_10493780.png
尾道駅裏のショーウィンドウで日焼けしたファミコンウォーズを買って依頼、ウォーズ系ゲームにはまった。

ゲームボーイウォーズはその中で一番プレイしたゲームだ。
そしてボキは、このゲームを完全クリアしている!

たしか16ステージくらいある表をクリアすると、裏ステージとしてさらに16ステージ出てくる。
表裏のラストステージは、敵ユニットがあらかじめ配置された厳しいステージとなっている。

完全クリアはかなり大変だった。
それは、やる気を維持するのにだ。

このゲームにはストーリーがマッタクない。ファミコンウォーズのような戦闘終了時のショーグン紹介すらない。
コミカルなアニメが描かれるが、ただでさえコンピュータの思考に時間がかかるため、アニメOFFが普通。
a0021757_10514714.gif


この無味乾燥なゲームをいかに想像力を駆使して楽しむかが、これが全クリを達成できるかの鍵。
「想像力であんなことやこんなことができる中学生」だからこそクリアできるゲームといえる。
a0021757_20222790.png
ファミコンのような将軍が応援する演出のないドライな戦闘



この後、ゲームボーイウォーズの版権をハドソンが買い取り(?)、ターボ、2、3、と3作発売した。

ターボ以降は、コンピュータの思考速度をかなり高速化させており、サクサク遊べる。
ターボと2は、原作の焼き直しだが、3はハドソンオリジナル。いずれもボキは大学生時代であり、さすがに食指は動かなかった。
ファミ通の懸賞で、6ステージ(ひとつはファミ通オリジナル)が入った体験版をもらったが、それすら遊ばなかった。

その後、Nintendo64で64ウォーズなるものも企画された。ハドソン肝いりで開発しているとの情報だったが、
ついに発売されなかった。この当事ですら「このグラフィックはないな......。」と思ったものだ。
a0021757_1172852.gif
64ウォーズの画面イメージ


発売されなくて正解!



[PR]
by yozda | 2016-05-06 11:10 | ゲーム | Trackback | Comments(0)
[FC] ファイアーエムブレム
おはヨーグルト。どーもボキです。

a0021757_1259843.jpg

剣と魔法、そしてドラゴン、中二心をくすぐるゲーム、それがファイアーエムブレムだった。(当事は小学生だったが)
そして、3Mbと大容量。ファミマガで発売前の特集を読みながら興奮したのを覚えている。

戦闘シーンがなめらかにアニメーションするってのには驚いた。
こうやってみると、かなりのアニメフレームを描いたことが分かる。
<
戦闘シーンアニメ集


a0021757_159554.png
「リッフリッフにしてやんよ!」



a0021757_12551397.gif
全キャラの戦闘アニメ画像。将軍クラス(一番下)が好きで、授業中 ノートに落書きしていたなぁ



a0021757_12551310.gif
全キャラのマップ画像。SFC以降のマップ簡易戦闘にも対応できそうなアニメ数。


a0021757_2192714.png
ファミコン版のアベルは出っ歯(最上段の中央より右、グリーンのキャラクタ)



このリアルスケールでの戦闘が良いのに、GBA以降はデフォルメされてしまい残念だ。
しかし、GCやWiiのFEはリアルスケールで描かれているが、あれには全く魅力を感じない。困ったもんだ。

3DSの「覚醒」や「if」には、ボキよりも息子が夢中になっている。


[PR]
by yozda | 2016-05-06 10:36 | ゲーム | Trackback(1) | Comments(0)
[FC] スクウェアのトム・ソーヤ
おはヨーグルト。どーもボキです。

a0021757_9343677.jpg
この頃(FF2~FF3)からFF10くらいまでスクウェアは本当に輝いていた。今はあまり魅力を感じない。
このゲームの容量は2Mbだったはず。では、なぜ買ったか?
それは「スクウェアだから」だ。トムソーヤの話自体も良く知らなかった。

今思えば、ゲーム内の雰囲気・BGMなどなかなか良くできていたが、友達の評判はいまいちだった。

a0021757_9425720.jpg
パーティメンバは任意だが、クリアには「ハック」は必須。彼にはラストダンジョンで橋になってもらう必要がある。




a0021757_9432069.gif
このゲームでも、ボキは裏技をひとつ見つけている。
ウルトラテクニック、略してウルテクだ。ウソテクではない。

上図の場所でセーブしそのデータから再開すると、なんと橋の向こうに渡れるのだ!
そして、ハックの母が住んでいた?と思われる小屋に入ることができる。

その中には……。

たしか誰もいない、イベントすら起きない部屋で、部屋から出ると町にワープした。
バグと思われるなーんにも役に立たないウルテク。
a0021757_9393564.gif
今ではその存在を許されないキャラクター「ジム」



[PR]
by yozda | 2016-05-06 09:57 | ゲーム | Trackback | Comments(0)
[FC] パロディウスだ!
おはヨーグルト。どーもボキです。

a0021757_8252729.png
正式タイトルとは、「パロディウス」でなく「パロディウスだ!」ね。
グラディウスⅡのことを書いていて、これは外せないでしょう。

この当事、若干コナミを崇拝していたため、パロディウスに夢中になった。
まだ活気のあったゲーセンには、パロディウスが置いてあり、そこそこプレイした。
実力は、3面のお菓子ステージまで行けた程度だが。市外の高校を選んだのは、このゲームがやりたいという理由もあった。

ファミコン移植版も買ったよ。これがまー酷い作品だった。
グラディウスⅡの時のこだわりはどこに言ったんだろう?という出来だった。

移植自体も中途半端。オリジナルステージは酷い有様。
ファミコンの宿命でもある「ちらつき」を押さえる努力すらせず、背景に流れる星ですらスプライトで表現する始末。
特に、やる気のないちちびんたリカにはがっかりさせられた。
a0021757_8372296.png
本来のちちびんたリカ
a0021757_836541.jpg
ファミコン版のサーカス女


文句を書いたが、そこそこは遊んだ。
なので、ボキは裏技をひとつ見つけている。
ウルトラテクニック、略してウルテクだ。ウソテクではない。

ファミコン版パロディウスだ! オプション増殖と副作用の検証、←ここに詳しく書いてある奴。
a0021757_852547.jpg
オプションが5つ以上つけられる=ちらつきがもっと酷く!

自分で見つけたのか、ファミマガかファミ通に書いてあったのかは忘れた。

a0021757_932957.gif

この当事から頭のおかしかったボキは、この後に発売されたゲームボーイ版も購入した。
こっちは本当に良くできていた。
a0021757_923725.jpg
ちちびんたリカも完全再現!

a0021757_924015.jpg
この当事、何がエロいのか理解できなかったモアイステージのボス

a0021757_924030.jpg
ボキをもっとも興奮させた画面の端から端まで届くレーザー。スプライト以外の技術手法で描いていたと思われる。
a0021757_944752.gif
日本ステージ。このステージの曲は「剣の舞」。クラシックのアレンジが多数採用されていてそこも気に入っていた。


ちなみにこの後に発売されたスーファミの完全移植版も買った。
買ったあとに気づいたが、さすがに飽きていた。


[PR]
by yozda | 2016-05-06 08:43 | ゲーム | Trackback | Comments(0)
[FC] ラグランジュポイント
おはヨーグルト。どーもボキです。

a0021757_10491019.png
'91年4月に発売されたゲーム。

ファミマガ(ファミリーコンピュータマガジン。現在は廃刊)でタイトルロゴ・敵キャラ・BGMなどを一般公募していたゲーム。
ファミマガを愛読していたボキであるが、応募はしていない。こういったもの応募することがダサいと思っていた時期だったから。
a0021757_10492138.jpg


今見ると、ファミマガにはこのゲームをモチーフにした漫画が連載されていた。
今みると細野不二彦が書いていたんだね。漫画の中で小さい子供が怪物に殺されるのよね。
ゲームでもそれが再現されてたよ。「あ~、漫画と同じ展開だなぁ」と思った程度。
a0021757_10491553.jpg
出典:ゲーム保存協会さんのTwitterより


4Mbと大容量、しかし大容量信者であるボキの食指は動かなかった。

なぜか?

それは救いようがないくらいダサいから。
a0021757_10493181.png
ラスボス

a0021757_10493376.png
ラスボス変身後

たしか、高校生の頃に中古で安く購入して、クリアした。けど、内容をマッタク覚えていない。
このカセットには特殊なチップが搭載されていてFM音源並みのサウンドらしいけど、何も感じなかったね。

そんな思い出。


[PR]
by yozda | 2016-05-04 10:59 | ゲーム | Trackback | Comments(2)
[FC] グラディウスⅡ
こんにチワワ。どーもボキです。

a0021757_11422561.gif
ファミコン時代のコナミの名作といえば、グラディウスⅡは外せんだろう。

もともとアーケード(ゲーセンのこと)版の移植。この当時は、アーケードとコンシューマ(家庭用)の性能差が大きく、
アーケード版の移植は難しかった。そのため、グラディウスⅡではファミコン用に大きくアレンジされている。

ただボキは、このファミコン版グラディウスⅡしか知らなかったため、
アーケード版の内容が違うと知ったのは、かなり後になってからだ。


今思えば、ファミコンの性能をギリギリまで引き出しているんじゃなかろうか。

たとえば、ファミコンでは、同じ水平線上に表示できるスプライト(操作や敵キャラなど動くもの)は、
64ドットまでという制約がある。これを超えると「ちらつき」が起こる。
(このため、ドラクエ3では、4人パーティ(16ドット/人 ×4人=64ドット)に村人などが並ぶとちらつきが発生する)

このグラディウスⅡは、アーケード版動揺に、オプション(実機同様に攻撃する分身)が4つまで付けられる。
仮に、16ドット/オプションとすると、それだけで64ドットとなる。

主人公機を合わせると、80ドットとなり、ちらつきまくりとなるハズ。けど、ならない。

なぜか?

それは、主人公機やオプション自体も16ドット未満で表現するとともに、
オプションを常に大きくなったり小さくなったりアニメーションさせ、実機とあわせて64ドット内に収まめているのだ。

a0021757_11423246.png
オススメは上から2番目

a0021757_11423333.gif
1面.人工太陽ステージ。沙羅曼蛇にもあったが、プロミネンスの描写にビビった。
a0021757_11423441.png
2面.巨大なレーザを撃ってくるスカルブラスター・ギーガ。背景画像を使って描写しているんだと思う。

a0021757_11423610.png
4面.モアイステージ。後半はモアイが赤くなり振り返って攻撃してくる。
a0021757_11423648.png
7面.ラスボス。喋りは、パワーアップ時の音声のスロー再生らしい。


ボキのグラディウス熱は、中学のときの発症した。
特にその当時、どうやって描画しているのか分からなかったスカルブラスター・ギーガに夢中になった。

中学3年の美術でシルクスクリーンでミキ中(ボキが通った中学校)のロゴを作る課題だった際、
ボキはグラディウスのロゴをもじって、miki中ロゴを考えた。「中」の文字もいれたイカしたロゴだ。
a0021757_18453731.jpg
ボキが考えた「miki中」ロゴ

けどね。「シルクスクリーンに向いていない」とまったく評価されんかったよ。そんな思い出。


[PR]
by yozda | 2016-05-03 11:44 | ゲーム | Trackback | Comments(0)