タグ:おりがみ ( 6 ) タグの人気記事
おりがみのバラ
a0021757_22344156.jpg

こんばんワイン。どーもボキです。

会社の机に、むっちゃ上手に折ったバラを置いてる人がいたからお願いして貰ってきた。
こりゃ上手いわ。ボキのと全然違う。

ドラゴンを折るために練習しとるんだって。
[PR]
by yozda | 2011-09-26 22:34 | 暮らし | Trackback | Comments(0)
折り紙のバラ
a0021757_0162373.jpg

コウタロウが持って帰ってきた。折り方を覚えとるらしい。
折り図は、おりがみくらぶおーたむろーずね。

[PR]
by yozda | 2011-08-31 00:16 | 暮らし | Trackback | Comments(0)
[おりがみ] 恐竜のおりがみ2 ~ブラキオサウルスの全身骨格~
どーもボキです。

恐竜のおりがみ〈2〉 (新・おりがみランド)
川畑 文昭 / / 誠文堂新光社
ISBN : 4416301073

図書館にあったので、借りた。
この本はちっちゃい子向けに書かれているので、折り方もそんなに難しくない。
だから、完成したおりがみも、そんなに精巧なものじゃない。

a0021757_20395829.jpgけど、45枚の紙を組み合わせて作成する、ブラキオサウルスの全身骨格は圧巻!
1つのパーツに、1枚の紙を使うので、パーツの完成度も高い。

また時間をとって折ってみよっと。こりゃ一日じゃ無理だなぁ。
[PR]
by yozda | 2008-11-18 20:49 | 物・モノ・もの | Trackback | Comments(2)
[おりがみ] 神谷哲史作品集 を手に入れた
どーもボキです。

a0021757_7281315.jpg正確には、いとこに借りたんだけど。

神谷哲史さんってのは、TVチャンピオンの折り紙王選手権で5連覇中の人。

この本の購入は、おりがみはうすで通販購入できる。
折紙図鑑 昆虫・2がほしい。

簡単そうな、チョコボ(「黄色い鳥」という名で掲載)を折ろうとしたが、それすら折れず。
いつかこの表紙のドラゴンを折ってみたい。そうとうムズそうだけど。

掲載されている作品は、すべて不切一枚折(一枚のおりがみでハサミを入れず折りあげること)。
このこだわりが、またいいよね。何かにこだわりがある人、ボキは好きだなぁ。


a0021757_7334378.jpgTVで何度が取り上げられたことがある「龍神」。
おりがみでこんなのが出来るのってすごくない?

ちなみコレ、2m×2mの紙を一ヶ月掛けて折ったみたい。
[PR]
by yozda | 2008-11-13 07:35 | 物・モノ・もの | Trackback | Comments(4)
8月10日の朝、帰国(出発)するよ。
こんばんは、どーもボキです。
(日本は朝の7時前だけど、こっちは夜の12時前)

長かった教育も今週の木曜日で終わり、金曜日の朝には帰国します。
長い長いって思っていたけど、過ぎてしまえばあっと言うまだったね。

トレーニング自体も知らないことばかりでとても新鮮だったし、
自分の英語力のなさを再認識できて、ホント色々勉強になったなぁ。

異国の文化にも色々触れることが出来たしね。
グラーツ、ウィーン、ザルツブルグ、ヴェネチア、プラハ、マリボアなど

ホテルの予約は、トレーニング先の庶務さんに全部お願いしました。
それが彼女の仕事なのかもしれないけど、ホント助かったね。

a0021757_6453381.jpg言葉で十分にお礼を伝えることが出来ないので、
日本的な御土産をと、折り紙でバラを折ってみました。
どう折っていいか分からなくて、相当苦労したけど。

下り図はネットでダウンロード、You Tubeでも折り動画が見れるよ。
どちらも、「Kawasaki Rose」で検索すれば出ると思う。
[PR]
by yozda | 2007-08-07 06:56 | 暮らし | Trackback | Comments(0)
[おりがみ] 折り紙 -サザエ-
a0021757_22233.jpg
サザエを折ってみました。
信じられないかもしれませんが、これは正方形の折り紙で折っています。
切れ目などは入れません。正方形を折るだけでこの形になるのです。

僕がこれを最初知ったのは、10年ほど前の高校生の時。
従兄弟が持ってきた本に、このサザエの折り方が紹介されていました。

それまで折り紙に、平面的でどこか野暮ったい印象を持っていましたが、
このサザエを見てその印象は一気に払拭されました。
正方形の紙から折りあがったとは思えないそのライン、その洗練された美しさに
僕はとりこになりその日は夜更かしして折りました。
こういった難易度の高い折り紙を折ったのは初めてだったので苦労しましたが、何とか出来ました。

このサザエの折り方は、見た目の複雑さほど難しくなく、10年たった今でも折り図を見なくても折れました。

巻貝特有の巻きの部分や、裏面の処理など美しいと思いませんか?
こういった複雑な折り紙は他にも多数ありますが、僕はこれが一番好きです。


このサザエを考案した人は、川崎 敏和という方です。川崎ローズというバラの折り紙が有名な方です。
僕が通った大学に非常勤講師として、この人の双子のお兄さんが来られていました。
川崎先生には、少し懇意して頂いていたので弟さんのお話も聞くことが出来ました。

こういった複雑な折り紙は、ずっとコンピュータを利用して考えている物だと思っていたのですが、実際は手で折って試行錯誤しているらしいです。
小さい頃からずっと折り紙を折っていたそうですよ。(もちろんコンピュータなど無い時代)
[PR]
by yozda | 2004-06-20 02:23 | 暮らし | Trackback | Comments(0)