[PS] ベイグラント ストーリー
どーもボキです。

a0021757_14323161.jpg評価:★★★★★

00年に買ったきり、放っとらかしにしていたベイグラントストーリー、
引っ張り出してやってみた。
キレイな画面のゲームに見慣れても、このゲームの雰囲気や演出にはうっとりするね。
率直に「かっこいい!」

このゲーム、当時のファミ通クロスレビューでオール10をとってるのよね。
(歴代二番目、初代はNitendo64のゼルダの伝説 時のオカリナ、だったハズ)

プレイすると、製作者のコダワリがヒシヒシ伝わってくる。まさにプロの仕事。
・まずゲームスタート直後のリアルタイムムービー(ポリゴンでの演出)
 どんなタイミングで台詞を送っても、主人公が突入するシーンでは、曲と演出がリンクするように調整される。

・リアルタイムムービーでは、1ドットの濃淡で顔の表情を豊かに表現している

・2MBしかないメモリをやりくりするために、内部演算のひとつひとつを最適化したらしい。
 このためか、読み込みが全然気にならない。

こういったコダワリってホント大事だよね。
やっぱ必要なところにコダワる、コダワることができる。それがプロだねぇ。
[PR]
by yozda | 2009-08-10 14:32 | ゲーム | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://yozda.exblog.jp/tb/8785200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tez at 2009-08-11 00:19 x
オウガバトルのプロデューサーを引き抜いて初の出来た作品でもありますな
オウガシリーズはもう終わりましたが・・・何か?

残念だね
Commented by yozda at 2009-08-11 15:48
松野泰巳氏ですな。
FF12にも携わっているらしく、それでかは知らんけどオープニングは雰囲気がよく似てる。

病気療養中、なのかな?最近は露出がないね。
Commented by ガンタンク at 2009-08-12 00:15 x
ドラクエはもう飽きてやってないの?
Commented by yozda at 2009-08-12 10:38
12hくらいかな。ときどきやってるよ。
<< [Wii] モンハン3の価格が急落 [日記] びっくりしたっぴ >>