◆ [ソフト] VbsEdit ~シェア:VBScriptのコード支援ができるエディタ~
どーもボキです。

WSHとは、Windows Script Host の略、名の通りWindowsのスクリプト実行環境のこと。
最近のWinOS(98~Vista)には、最初っから入ってる。

WSH自体は実行環境(スクリプトを動かすソフト)なので、
実際の処理は、VBScript や JScript というスクリプト言語で書く。

WSHを使えば、スクリプト処理で、
 ・レジストリの書き換え
 ・テキストファイルの読み書き
 ・ファイルやフォルダの作成・削除
ってなことが出来る。

「こんなこと自分でやりゃいいじゃん。そんなことが出来て何がうれしいん?」 って思う人もいるやろう。
けどPCに疎い人に、「この名前で共有フォルダを作ってくれ」 とか頼めると思うかね?
そら無理な話よ。そこでこのWSHを使うわけよ。

下のコードをテキストファイルにコピペして、拡張子を「vbs」として、
WScript.Echo "どーもボキです。"
出来たファイルを実行すれば、
a0021757_23353852.gif
となるわけ。
上の例はメッセージ出すスクリプトだが、共有フォルダを作るスクリプトを書けば、
あとはvbs実行さえすればいい。PCに疎い人でも共有フォルダが作れるって訳だ。

また、スクリプトの作成&実行には、テキストエディタ(メモ帳とか)さえあればいいってわけ。プログラムの勉強には最適ですな。
勉強に使うなら、Office系ソフトのマクロ習得もかねることが出来るVBScriptがオススメ。


ボキは、サクラエディタを使って、VBSを書いてたんだけど、
Delphiのように、コード支援機能に慣れてしまうと、エディタだけのコード作成ってちょっとしんどいのよね。
WSH自体、そんなには使う頻度ないから、Delphiほどは使いこなせてないし。

Delphiのようにコード支援してくれるエディタないかなーって探してみたら、見つけたよ。VbsEditっての。
名の通り、VBScriptのエディットに特化したエディタ。なのでJScript には対応していない。

a0021757_2051487.gifシェアウェアだが、レジストしなくても使える。
起動時 や スクリプト実行時 に レジストを促すメッセージが出るが、
使える機能に制約はないみたい。

図のようにコーディングを支援してくれる。これは非常に助かる。

Microsoft Script Debugger をインストールすることで、
デバッガと連携して、Delphiのようなデバッグが可能。
(というか、VbsEdit上の実行には、デバッガが必須)

さほど使う頻度がなかったWSH、これから勉強するつもり。
WSHには、テキストファイルを扱うオブジェクトが用意されてるので、
テキストファイルであれば、Delphi と同等の処理が可能なのよ。

ボキシステムのログ解析のように、
近い将来フォーマットが変わりえるテキストファイルの処理には、
Delphiで処理用EXEをつくりよりも、コンパイルが不要なWSHで、
いつでも処理内容の編集出来るようにしといた方が得策だからね。

WSHならどんな環境でも修正できるし。Officeのマクロをある程度いじれる人なら、改造できるからね。
SEなら、WSHは習得して損はないよ。
[PR]
by yozda | 2009-02-11 20:59 | プログラミング | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yozda.exblog.jp/tb/7939057
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< [日記] 作業ズボンの裾下げ [日記] 保育園へのお迎え >>