◆ ペンタックスのレンズ「smc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6 AL II 」を分解・清掃する。
おはヨーグルト。どーもボキです。

数年前に購入したPENTAX k-m、カメラに特段の興味があったわけではないが、セールだったから買ってみたカメラだ。

購入してしばらくすると、かなり早い段階だったと記憶している、広角レンズ(18-55mm)で撮影すると「モヤ」っとうっすら煙がかったようになっていた。
この「モヤ」が何によるものなのかすら理解してなかった。モヤるようになってからは、カメラを使う頻度も減っていったね。

先日、どうしてもこのカメラを使いたい機会があったため、カメラに詳しい友達に相談すると、レンズ内にカビが生えたのでは?とのこと。
そして、カビが生えたら直らない、そもそも生やさないように保管するもの、とのことだった。

空気の流れのない引き出しで管理していたのがまずかったんだろう。
望遠レンズ(50-200mm)はカビていなかったのが幸いだ。

ヤフオクで安いレンズを漁りつつ、今あるこの広角レンズをどうにかする方法を考えた。

そう、分解・清掃だ。

ネット社会の今、情報はすぐに見つかった。しかもかなり詳しく分解方法を記載してくれていた。

SMC PENTAX-DAL 18-55mm F3.5-5.6AL ズームレンズの分解・組み立て (Part-1)Add Star

上のページには、以下の注意書きがある。

もし混入したゴミ等がこの最前面レンズユニットについている場合は、そこだけ掃除して以下の分解は行なわず、ここから逆の手順で組み立てる事をお勧めします。これ以降の分解は鬼門で、組み立てには時間と根気と忍耐が必要になります。


レンズユニットは外れる時はいとも簡単にゴロンと外れますが、組み立て時はこのユニットが最難関になります。

自信もなかったので、比較的簡単にアクセスできる前球(最前面のレンズ)だけを清掃した。
前球は2枚のレンズの接着固定のハメ殺し構造となっており、内部側にはアクセスできない。

表面の曇りを吹き上げても一向に綺麗にならない。どうやら曇りは内部にもあったようだ。
仕方がないので、触れるところだけを吹き上げて終了。
a0021757_11495486.jpg
a0021757_11495358.jpg
とりあえず簡単にできることをやり、組み立てようとしたときに悲劇が起こった。
上の写真中央に小さく映っている金色のバネがレンズ内部に落ちてしまった。

ゆすっても出ない。


再度分解し、バネを取ろうとすると……。


ゴロン……。


レンズユニットが外れてしまった。
しかも、上のページかかれているようなマーキングをしていない状態で。


ページの写真を見ながらマーカ位置に相当する場所にテープを貼り、
最初は見よう見真似で、最後はある程度レンズ構造を理解しつつ、組み立てた。

ページに書いてある通り、二晩かかった。
本当に、苦労した。

知恵の輪のように組み合わさっているのね。
本当に、感心した。

レンズを伸ばす際には、各部のネジを緩める方向に動かし、
かつ、そのときに各ユニットで互いを保持することでバラバラにならないようにしている。

オモシロい。

PENTAXの18-55mmのレンズなら、ヤフオクで安く買ったもののでも清掃できるはず。
まずはこのレンズをもうカビさせないようにして、撮影を楽しもうと思うよ。

a0021757_12311919.jpg
a0021757_22445132.jpg

清掃後に撮った画像。モヤが入ることなく取れている。

[PR]
by yozda | 2016-11-23 11:49 | カメラ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://yozda.exblog.jp/tb/23385494
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ( … > Z_ ̄∂ at 2017-01-08 18:46
タイトル : ペンタックスのレンズ「smc PENTAX-DA 18-..
こんばんワイン。どーもボキです。 ペンタックスのレンズ「smc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6 AL II 」を分解・清掃する。... more
<< [撮影] 鏡山公園にて [苦言] 信じられないクリーニ... >>