◆ [Excel] OutputDebugStringを使ってマクロをデバッグする。
こんばんワイン。どーもボキです。

APIのOutputDebugStringをラッパーした関数dprintf
出力メッセージを拾うには、DebugViewが必要。
Declare Sub OutputDebugString Lib "kernel32.dll" Alias "OutputDebugStringA" (ByVal lpOutputString As String)

Sub dprintf(v)
Dim i, s, ityp

s = v
ityp = VarType(v)
If ityp = vbBoolean Then
s = CStr(v)
ElseIf VarType(v) >= vbArray Then
s = ""
For i = 0 To UBound(v)
s = s & "dprintf(" & CInt(i) & ") =" & v(i) & vbCrLf
Next
End If
OutputDebugString (s)
End Sub
[Excel] メモ帳を使ってマクロをデバッグする。

[PR]
by yozda | 2015-04-25 19:57 | プログラミング | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yozda.exblog.jp/tb/21159829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< [Excel] メモ帳を使って... 春の味覚 >>