◆ [邦画] 借りぐらしのアリエッティ
こんばんワイン。どーもボキです。

借りぐらしのアリエッティ [DVD]

スタジオジブリ

スコア:

ジブリらしく絵を見ているだけで楽しい映画。
けど、ストーリー上はたいしたことはなーんもない。

大筋は、
 人間から隠れて暮らしたアリエッティ(小人)が、病弱な子に見られたから引越しする。
そンだけ。

アリエッティと病弱な子とのやりとりがあるが、この病弱な子、なかなかヒドイことを言う。
 「キミ達はさぁ、たいした数いないんだろ?なら滅びる運命なんだよ。」
ってな感じ。

家政婦がアリエッティに気づき捕まえようとするんだが、それがまたイライラした。
どうしてこんな演出を入れたんだろう?

病弱な子の声は、サマーウォーズの主人公と同じく、神木 隆之介。
彼の声はあまりよいとは思わない。なぜ起用するんだろう?

アリエッティは、志田 未来。声だけでも志田 未来らしさが出てた。
アリエッティ母の声がエラいセクシィだなぁと思ってたら、大竹 しのぶ だった。いい声だなぁ。

[PR]
by yozda | 2011-08-26 22:40 | 映画・TV・本 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yozda.exblog.jp/tb/13381181
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< [洋画]怪盗グルーの月泥棒 最近読んだ漫画 >>