◆ [邦画] SPACE BATTLESHIP ヤマト
こんにチワワ。どーもボキです。

SPACE BATTLESHIP ヤマト スタンダード・エディション 【DVD】

TCエンタテインメント

スコア:

いやぁ~。オモシロかった。突っ込みどころ満載で。

日本で初の本格的なVFXを取り入れた映画ってことだったっけ?
いいじゃん。完成度高いよ。この点は。

ハリウッドのSF映画と比較しても大差ないのでは?内容的にも。
巨大隕石を炭鉱夫が破壊しに行く映画とか、宇宙人が責めてきて大統領が戦闘機で応戦する映画とか、
来年当たり天変地異がおきる映画とか、車がロボットに変身する映画とか、ロボットが車に変身する映画とかね。

それらと大差ない。
いや、むしろこちらの方が断然オモシロい。



この映画はキム兄でなく、メイサたんの活躍を見る映画だね。

メイサたんは、キム兄に憧れがあったってことだから良いとしても、
キム兄は、メイサたんに惚れる要素があったかな?

そんな恋愛要素も微塵も感じさせない状況下で、メイサたんのハート撃ちぬいたあげく、
波動砲を発射!&見事命中させてしまうキム兄。男として貴方には感服でアリマス!


キム兄と結ばれちゃったあとは、遠目にイーッ!と愛嬌を振りまいたり、
ガラス越しにチューしたり、メイサたんやりたい放題。

挙句には、
 「キム兄がいなきゃ、生きてる意味がない!」
なんて。メイサたん、もう堪忍して。


もう一個見所があったわ。アナライザーってロボットね。
こいつの豹変っぷりには目を見張ったよ。トランスフォーム!!って感じにね。
a0021757_1354244.jpg
VFXでよみがえるアナライザーの勇姿




漫画がベースになっているから仕方ないけど、内容に無理ありすぎ。
 「知的生命体が寄こしたっぽい機械が、なんか座標示しとるわ。銀河の外っぽいね。
  ちょっと遠いけど、ワープ使やすぐじゃろ?ちょっと行ってきて、宇宙人から放射能除去装置をもらって来てよ。
  言葉?たぶん通じるよ。英語って公用語じゃろ?ちなみに宇宙船は、250年前に沈没した戦艦ね。あとは、よろしく。」
って。

200年も経過すると、ハヤブサなんて子供の遣いレベルになってしまうのね。
いやそれでもレベルが高すぎる。ヤマトの偉業に比べれば、まさに赤子の手をひねるよう。

放射能除去メイサたんですか。今の日本には必須ですね。一家に一台。うちにも欲しい。

[PR]
by yozda | 2011-08-17 13:24 | 暮らし | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yozda.exblog.jp/tb/13302360
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< [洋画] トランスフォーマー ... 車大好き >>