◆ [書籍] 下町ロケット
こんばんワイン。どーもボキです。

下町ロケット

池井戸 潤 / 小学館

スコア:



エコポイントの図書カードを使うあてがないから、んで新聞でちょうど直木賞を取ったのを読んだから、
そんだけの理由で買ってみた本。

主人公は元ロケット技術者。元というのは、手がけたロケット打ち上げ失敗の責を取り辞職、家業の町工場を継いだから。
突然、大口顧客から契約を打ち切られ、大手ライバル企業からは特許侵害で訴えられ、
融資元の銀行から、融資停止を言い渡され…。

いやいやコレはオモシロかった。あまりのオモシロさアッちゅう間に読んでしまったよ。

法学部卒の経歴を持つ著者だからか、入念な調査を行った賜物なのか、
専門家でもないのに特に特許争いの部分はオモシロかったし、感心した。

夢をあきらめない主人公や、それを支える仲間達のやりとりには何度もウルっと来てしまった。
んで、最後はスカッとさわやか。
「ものづくり」に携わっている人には特に読んでもらいたい一冊。オススメ。


WAWAWでは、三上 博主演でドラマが放送されるらしい。いいなぁ。
[PR]
by yozda | 2011-08-01 21:58 | 映画・TV・本 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yozda.exblog.jp/tb/13183935
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< [書籍] 空飛ぶタイヤ 今日から運用開始? >>