◆ [VBScript] デバッグ上手はプログラム上手3 ~外部ファイルの読み込み方法~
どーもボキです。

前回はCScriptホストのときだけ、メッセージを表示するdprintf()関数を紹介した。
このdprintf()関数をより使いやすくするため、今回は外部ファイルの取り込み方法を2つ紹介する。

今回呼び出す外部ファイルは、echo.vbs。

echo.vbs
WScript.Echo("ど")
WScript.Echo("│")
WScript.Echo("も")
WScript.Echo("ボ")
WScript.Echo("キ")
WScript.Echo("で")
WScript.Echo("す")

WScript.Sleep(1000)


1.Executeメソッドを利用する方法
Execute Include("echo.vbs")   'echo.vbsの内容をテキストで読み込み実行

' -------------------------------------------------------
' 指定ファイルを読み出し実行
Function Include(FName)
Dim objFS,txtf,s

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set txtf = objFS.OpenTextFile(FName) ' FNameのファイルを開く
s = txtf.ReadAll() ' 指定ファイルの全内容を文字列で取得する

Include = s
End Function
' -------------------------------------------------------
シンプルに書けば、以下のように一行に収めることも出来る。

1’.Executeメソッドを利用する方法 (シンプル版)
Execute CreateObject("Scripting.FileSystemObject").OpenTextFile("echo.vbs").ReadAll


2.wsfファイルを利用する方法
<job>
<script language="VBScript" src="echo.vbs"/>
</job>


オススメしたいのは、1のExecuteメソッドを利用する方法。
vbsファイルのみで管理できるし、wsfのように<タグ>の知識がなくてもいいからね。

[PR]
by yozda | 2010-11-20 01:12 | プログラミング | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yozda.exblog.jp/tb/11590601
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< [VBScript] デバッグ... [VBScript] デバッグ... >>