◆ [洋画] アバター
ドス!ボキです。

アバター [初回生産限定] [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

スコア:


DVDでの視聴。39インチのTVで観たから、そこそこの迫力。
映画館で観たらすごかっただろうね。観たかったな。
空に浮いた大陸など、情景がとにかくすばらしい。ああいう風景を考えられるって、すごいよなぁ。

映画上では、アバターの世界は地球外惑星として描かれているのだが、
その世界がカラフル&輝きすぎて、まるでディズニーのような映画を観ているよう。

主人公の精神が、アバターからもどって来る時など、
ディズニーの世界から現実世界に引き戻されるような違和感を感じた。

そいえば、主人公は足が不自由という設定。
んで、確かに足がやせ細っているから、そういう人を採用したのかと思っていたけど、
こういうことらしい。

まぁおもしろかったけど、2.5hはながいかな。

[PR]
by yozda | 2010-09-12 00:30 | 映画・TV・本 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yozda.exblog.jp/tb/11267108
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< H11年式のマツダ プレマシー... 挨拶は「ドス!」と大きい声で。 >>